セミナー

【ウェビナー】 「3社の先行事例に学ぶ、withコロナで求められる経理部の在り方」 ~withコロナで求められる決算体制に採用やシステム化ではなくアウトソーシングが採用されるわけとは?~

2021.04.12

  • 決算体制構築・運用

緊急事態宣言から早1年、不安定な社会情勢の中、決算を回すことに苦心しているかと思慮します。
しかしながら、収益認識やリース会計の適用などの会計基準変更から、経営層からの管理会計数値の要望など、経理部の皆様への要求は高まるばかりです。

決算支援会社であるFIERTEには、上記のような背景をお持ちの企業様から決算体制の再構築について非常に多くのご相談を頂いており、上場企業を中心に約130社にご利用頂いております。
システム導入や採用など様々な手法がある中でなぜFIERTEのアウトソーシングサービスは選ばれ続けるのか、、、
どのような目的で導入し、決算安定化の先には何があるのか、、、、
3社の先行事例(売上高1兆円超え、3,000億円、500億円)を活用しながらご説明致します。

 

以下お悩みに該当する方はお気軽にお申し込みください。
・特定の担当者に依存しているため、欠員が出たら決算が立ち行かない
・決算作業に追われて、分析作業まで手が回らない
・過度な残業や休日出勤が前提の体制で、担当者に負担が掛かっている
・専門的な会計の知識を持つ人材が不足している
・決算体制の再構築を検討している
・その他、決算・経理に関するお悩み

開催概要

日程 ①4月27日(火)10:00~10:30
②4月27日(火)15:00~15:30
会場

オンラインセミナー(ZOOMによるリアルタイム配信方式とさせて頂きます。)
PCやタブレット、スマートフォンなどの端末と、インターネット環境があればご視聴可能
です。様々なブラウザでご利用いただけます。

対象 経理、決算業務に従事されている全ての方、決算体制の見直しをご検討の方
参加料 無料(事前の登録が必要です)
定員 各講演50名迄
主催 株式会社フィエルテ

プログラム

一覧に戻る

ページの先頭へ