COLUMNコラム

ドライブ・レンタカー

  • 決算アウトソーシング

2022.06.22

シェアードサービス本部 2課 T.R.

皆様、最近ハンドルを握っていますか?
私は筋金入りのペーパードライバーなので、社会人になって免許を取って以来ほとんど運転したことがありません。
とにかく運転に対する苦手意識が強く、思い返せば自動車学校で最初に受けた適性検査の結果を見た時から「向いていないな」と感じていた気がします。
免許を取る前は欲しいなと思っていた車種も、たまに道路を走っている姿を見るだけで満足している始末。
かつて気合を入れて取ったマニュアル免許は、今では身分証明書としての役割すらマイナンバーカードに取って代わられて、財布の中で眠っています。
そんな状態で早8年ですが、最近いろいろな規制が緩和されてから、たまに自宅近くのレンタカー屋さんで小さめの車を借りて、家族で少し遠出をするようになりました。
もちろん私はいつも助手席です。

が、先日たまたま「ちょっと運転してみようかな」という気になりました。
思い立ったが吉日ということで、勇気を振り絞り恐る恐る運転席に座ってみました。
遠い記憶を思い出しながら、ルームミラーの位置を確認し、サイドブレーキをおろし、ハンドルを握ってアクセルを踏んで…運転、できました!
8年ぶりに握ったハンドルは緊張と不安で手汗まみれでしたが、運転席から見る景色ってこんな感じだったっけな、と少し懐かしい気がしました。
信号のないほぼ直線の高速道路を10kmほど走っただけで緊張感がピークとなり、運転を交代しましたが、その達成感は格別でした。
みんなこんなに難しいことをしているんですね…。
運転が出来なくても生活に支障はありませんが、やはりできないよりできるほうが、様々な選択肢の幅が広がるのではないかと実感した次第です。

フィエルテでは決算業務アウトソーシングサービスを提供しております。
現状のままで進められている業務でも、一歩踏み出せば新たな選択肢・よりよいスキームが見つかることがあるかもしれません。
幅広い専門知識を持ったスタッフが、皆様の業務改善のお手伝いをさせていただきます。
どんな小さなことからでもお問い合わせをお待ちしております。

タグをクリックすると、そのジャンルに属するコラムの一覧をご覧いただけます。