COLUMNコラム

お味噌汁の成長

  • 決算アウトソーシング

2022.01.12

CFOオフィス事業本部 事業1課 T.K.

皆さんのご家庭ではお味噌汁のお味噌とお出汁は何を使っていますか?

米味噌、麦味噌、豆味噌、かつお節、昆布、焼きアゴ、煮干し…
最近では便利な出汁パックや顆粒出汁もありますよね。

私の実家では米味噌の信州味噌と煮干しを使ってお味噌汁を作っていて、
一人暮らしをしていた時は時短で顆粒出汁(一応、無添加を選んで)を使うこともありました。

ただ、インスタントではなく、手作りのお味噌汁だというのに、特段「美味しい」と感じるものではなく、「ご飯と一緒に出てくる存在」であり何となく食べるか、お野菜など具沢山にして栄養不足の解消をするために食べていました。

そんな中、京都出身の主人と結婚をして新たなお味噌とお出汁の出会いがありました。
それは、白みそと昆布と鰹のお出汁です!

今まで昆布や鰹のお出汁は茶碗蒸しなど少し特別な時に作る際に取っていたのですが、お出汁文化の京都では日常的に昆布と鰹でお出汁を取るそうです。
わざわざお出汁を取らなくても出汁パックで十分ではと思っていたのですが、やっぱり違いますね。
料理人さんのレシピ本や直接作り方を伺って真似して取ってみた素人のお出汁でもとても香りがよく深みがあります。
そしてこのお出汁と食べなれた辛口でさっぱりとした旨味の信州味噌に甘くまろやかな口当たりの白味噌を合わせてお味噌汁を作ってみたところ・・・とってもびっくりする位の美味しさ!!
今まで「手間をかける割には存在感の薄いいつものお味噌汁」が当たり前でしたが、白味噌とお出汁の新しい出会いにより「主役級のお味噌汁」に成長することができました。

新しい出会いや取り組みにより、今までの当たり前のものが良い方向へ成長をする・・・これは仕事でも同じですね。
決算ご担当者の皆さん、新たにアウトソーシングサービスを使って「いつもとちがう決算」をしてみませんか?

タグをクリックすると、そのジャンルに属するコラムの一覧をご覧いただけます。