COLUMNコラム

猫ライフ始めました。

  • 決算アウトソーシング

2022.01.05

シェアードサービス本部 2課 S.H.

突然ですが、最近を飼い始めました。
現在生後5か月の白地に茶トラの男の子Tちゃんです。
実家を出てから1年、毎週のようにペットショップに通い子猫を眺めていましたが「生き物を育てる」ことに中々勇気が出ず悩む日々を過ごしていたところ、友人から子猫を拾ったという連絡が入ったことがきっかけです。

皆さんは猫を育てることは楽だと思いますか?私は正直に言って、楽ではないです。
ここ数年、猫はペットとして育てやすいという点でも人気が上がって来たように思います。
「猫は一人の時間が好きでほっておいても大丈夫。」
「トイレも自分で覚えるし、犬のように吠えることもないのでしつけはいらない。」
私もTちゃんが家にやってくるまではそう思っていました。
現に学生時代から実家で飼っている猫2匹はさほど手がかからないのです。

しかしTちゃんは違います。
常に足に絡まりついて遊びの誘いをし、相手をしないものなら泣き叫び、目を離したすきに袋に入ったパンを食べ、お風呂の湯船に落ちてびしょびしょになり部屋を走り回ります。
もちろんそんなところもすごくかわいいのですが、子猫はみんなそうなのでしょうか・・・?

楽しい」はずの猫のTちゃんとの生活が「心配」の気持ちでいっぱいになってきたある日、どうしても夜に家を空けなくてはいけない用事がありペットホテルに一泊預けることになりました。
慣れない環境で体調は悪くならないか、ご飯はちゃんと食べられるかなど飼い主はすごく心配をしていたのですが、当の本人はたくさんの店員さんと長い間遊んでもらい、爪きりとブラッシングをしてもらい満足をして帰ってきました。
猫の本当の気持ちはわからないためあくまで人間の想像ではありますが、今は一度Tちゃんを外から離れて見ることで余裕を持って接することが出来るようになり、「楽しい」の気持ちが「心配」を上回って充実した猫ライフを送っています。

皆様の業務も同様、いつもの業務をひたすら行うなかで視点が自然と狭くなり解決しないままの課題が積みあがっているなかで、弊社のアウトソーシングサービスを利用して業務をいったん離れてみることで見えてくること、解決する課題がたくさんあると思います。
お客様の課題を解決できますよう専門知識を持ったメンバーが尽力してまいります。決算のアウトソーシングをご検討の場合は弊社へお問い合わせお待ちしております。

タグをクリックすると、そのジャンルに属するコラムの一覧をご覧いただけます。