COLUMNコラム

30回のその先へ

  • 決算アウトソーシング

2021.12.22

シェアードサービス本部2課 T.J.

皆さんは社会貢献と言われて何を思い浮かべますか。

私は、献血です。
先日献血回数が30回に到達いたしました。
(10回・30回・50回等で記念品がもらえます)

初めて献血ルームを訪れたのは、高校生の頃、きっかけは親にすすめられたからでした。
残念ながらその時は献血前の検査で基準値未満だったため、献血はできませんでしたが、そういうボランティアがあると知りました。
それからしばらくは機会に恵まれずにいましたが、成人後に再チャレンジして、献血ができるようになり、現在まで無理のない範囲で継続しています。
健康な身体とちょっとした時間で社会貢献できるのが良いところだと思います。

献血に行くと、ジュースやお菓子が飲み・食べ放題です。
他にも、漫画や雑誌が読めたり、施設ごとのイベント等色々あります。
1人でも多く来てもらえるよう、快適でいてもらえるようスタッフの皆さんの努力を感じます。
ちなみに、イベントで一番印象深かったのが、お坊さんによる人生相談でした。
お坊さんの人生相談は、とてもとても面白かったです。
※新型コロナウイルスの影響でイベント等一部中止になっています。

また、献血を続ける中で意識するようになったのは、自身の健康についてです。
たまたま健康でいられただけで、今後も同じという保証はないので、日頃の食生活や健康管理にかかっていると思います。
採血時の検査結果が通知されるので、一つの目安として活用しています。

新型コロナウイルスの影響で都内の献血者が必要数に満たない状況が続いているとニュースで見ました。
企業や大学を会場として使う集団献血の実施が見送られてしまっているそうです。
今年も残すところ僅かですが、後1回は行きたいと思います。
もし、少しでも興味がありましたら是非最寄りの献血ルームに行かれてみてはいかがでしょうか。

私の次の目標は50回です。

弊社では連結決算、単体決算、開示業務等の決算アウトソーシングサービスを提供させていただいております。
決算業務でなにかお困りごとがございましたら、是非ご相談ください。

タグをクリックすると、そのジャンルに属するコラムの一覧をご覧いただけます。