COLUMNコラム

  • HOME
  • コラム
  • フィエルテのアウトソーシングサービス

フィエルテのアウトソーシングサービス

  • 決算アウトソーシング

2021.09.15

取締役 CFOオフィス事業部長 河村 徹也

株式会社フィエルテが株式会社ディーバから独立して4年が経ちました。
関係者皆様のおかげで、フィエルテのサービスをご利用いただいているお客様も百数十社となりました。
引き続き、お客様にご満足いただけるサービスを追求して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

何年もアウトソーシングサービスに携わってきて感じるのは、お客様ごとにフィエルテのサービスに求められるものが違うということです。
例えば、決算短信にしても、開示時期を1日でも早くすることを目指されているお客様もいらっしゃれば、日程はこだわらず、より正確性を重視されるお客様もいらっしゃいます。
また、数値の作成よりも統合報告書等でどのような情報を発信するかを重視されているお客様もいらっしゃいます。

そのため、フィエルテに求められる範囲も様々で、
・数値作成は完全にフィエルテにお任せいただき、出来上がった数値の分析にリソースを集中される
・連結精算表の作成だけはお客様ご担当者が行い、それ以外は全てフィエルテに依頼される
・海外子会社とのコミュニケーション部分は必ずお客様が担当される
など、お客様が何を重視されているかという価値観その時々のお客様の課題が現れてきます。
その時々の課題に対応するため、業務範囲もずっと一定というわけではなく、その時々で分担も見直しながら対応しております。
そのため、お客様とは定期的に決算事前ミーティングや報告会などを行い、課題を共有し、柔軟に対応するようにしております。
アウトソーシングというと、作業を丸投げして結果が返ってくるというイメージがあるかもしれませんが、実際には、お客様の経理財務部の一員として業務を行っているというイメージが強いかもしれません。

フィエルテのアウトソーシングサービスは、基本的なフレームワークは持ちつつも、お客様ごとに業務範囲も納品物も異なるオーダーメイドのサービスです。
お客様の価値観を理解し、その時々のお客様の課題を長期的に一緒に解決していけるアウトソーシングサービスを今後も目指していきたいと考えております。

タグをクリックすると、そのジャンルに属するコラムの一覧をご覧いただけます。