COLUMNコラム

  • HOME
  • コラム
  • 日本に感激を与えた「野球・ソフトボール」の金メダル

日本に感激を与えた「野球・ソフトボール」の金メダル

  • 決算アウトソーシング

2021.09.01

CFOオフィス事業本部 シェアードサービス2部 2課 安西 啓人

皆様、2021年7月23日に開催された、東京オリンピックは、ご覧になりましたでしょうか。

私は、時間がある限り、全ての種目を見ながら応援していました。
その中でも、日本に対して、インパクトを与えた種目は、「野球・ソフトボール」だと思います。
自分自身も小学校から大学生まで野球をしていましたので、本気で学生時代してきたスポーツが金メダルを取ったことに、「よっしゃー!」って、おもわず家のテレビの前で飛び跳ねてしまいました。
野球では、準決勝対韓国戦で、ヤクルトスワローズ山田選手のタイムリーヒットや決勝対米国戦で、ヤクルトスワローズ村上選手のホームラン。
ソフトボールでは、サードの弾いたライナーボールをショートがノーバウンドで捕球し、ダブルプレーなど、様々なスーパープレーもあったかと思います。

「野球・ソフトボール」は、北京オリンピック以降、正式種目として除外されていましたが、この東京オリンピックで復活を遂げました。
この復活第一号で、金メダルを取れたことは、日本にとっても歴史に残ることだと思います。
両競技とも、一人一人の選手がチームを大切にして、一つの目標【金メダル】に向かって、突き進んでいった結果だと思います。

チームと一つの目標に着目すると、企業経営でも同じことが考えられるかと思います。どの企業も【年次決算】という節目に向かい、チーム一丸となって、日々業務を行っていると思うからです。
ただ、企業の財務会計情報を管理するには、非常に時間やコストが必要になってくると思います。

そこで、株式会社フィエルテでは、会計の専門的知識をもったスタッフによる、決算アウトソーシングに特化したサービスを提供しており、決算業務をサポートしております。

お客様が、【年次決算】という目標に向けて、効率的に業務を遂行するためにも、是非、弊社をチームの一員として御一考ください。

タグをクリックすると、そのジャンルに属するコラムの一覧をご覧いただけます。