COLUMNコラム

重い腰を上げて

  • 決算アウトソーシング

2021.06.30

CFOオフィス事業部 シェアードサービス1部 4課 A.M.

皆様は運動はしますか?

経理は基本的に座りっぱなしでパソコンに向かい続け、忙しいときは姿勢が悪くなっていることにも気づかず、数時間没頭して腰と目を酷使していることもあるかと思います。
私もそんな日を過ごし続け、運動不足から日に日に増えている体重と、それに反比例するように減る体力に危機を感じました

運動自体は昔は好きでしたが、大学進学と同時にその習慣を失い、それ以来特に体を動かしておらず、なんとなく億劫になり、いつの間にか運動に対する苦手意識がついていました
しばらく「やらなきゃ…!」という感情と「また今度でもいいか…」という感情が葛藤していました。

色々悩みながらも、最終的に始めたのがジムでした。
特に他の方法が思いつかなかったこともあるのですが、思い切って自分を強制したほうが上手くいくだろうと。
コロナで一時は中断されましたが、アクリル板や入口での検温等、感染予防対策が充実してしばらく経ち、8か月ほど続けられています
ジムと言っても激しい運動をするのではなく、傾斜をつけたランニングマシンで歩いているだけですが、1時間くらいでものすごい発汗量になるので、満足感があります。
最も嬉しかったのは、これを始めてから週末の仕事後の肩こりが減ったような気がすることです。
いつの間にか習慣とできていて、結局、最初に重い腰を上げるのが難しいだけで、「始めてしまえばなんてことはないんだな」と気づかされました。

フィエルテでは「連結決算アウトソーシング」を行っています。
決算・開示を中心に様々なお客様からご依頼いただいた業務の知識が現在も蓄積され続けています。
お客様のニーズに合う方法や解決策をご提案し、お客様と共に改善してまいります。
経理部門の業務が減ることで、関連部門に集中ができ、企業全体の生産性向上に貢献できることもございます。
ご興味がございましたら、決算アウトソーシングをご利用してみてはいかがでしょうか。

タグをクリックすると、そのジャンルに属するコラムの一覧をご覧いただけます。