コラム

コロナは悪い影響しかもたらさないのか?

CFOオフィス事業部 TMSサービス部 詹 思詩

最近、コロナの影響で、普段の生活がかなりかわってきました。
まず、仕事帰りに居酒屋で一杯やることができなくなりました。
また、毎日マスクをしなければならなくなりました。
さらに、勝手に外出して旅行をすることができなくなりました。
そして、満員電車を皆、怖がるようになりました。
最後には、日本にいる私のような外国人は、母国に帰って家族と再会することもできなくなりました。

しかし、コロナが私たちの生活に良い影響をもたらしていることもあります。

➀デリバリー業界の発展
私の母国では、デリバリーの注文は誰もが日常的に行うことですが、
日本では個人情報への警戒心や、高い配送料への抵抗感から、
デリバリー業界の発展が遅れています。
今はコロナの影響で休業要請があるため、デリバリーの需要が増えていて、
デリバリー業界が一気に成長しました。

②働き方の変化
コロナで、在宅勤務やテレワークなどの新しい働き方が増えてきました。
これにより、通勤にかかる時間が大幅に短縮され、生産性も向上しました。

③衛生管理意識の向上による、病気にかかるリスクの低下
どこにでもアルコール消毒液があり、普段よりもマスクが着用されているため、
飛沫の拡散が抑えられ、様々な病気にかかるリスクが下がっています。

④ライフスタイルの多様化
外に出て遊ぶことができないからこそ、
さまざまな新しいエンターテインメントの選択肢が生まれました。
例えば、最近人気のCLUBHOUSEは、家にいればバックグラウンドを問わず、
一つの仮想的な部屋の中で自由に交流することができます。

コロナの悪い影響は沢山存在しています。
しかし、コロナがあったからこそ、
私たちは今の生き方、働き方に疑問を持ち、変わろうとし、
ついには変わってしまったのだと認めざるを得ません。

弊社はグローバル資金管理ソリューションを行っております。
お客様の状況に合わせて、グループ全体を一元管理できる財務体制を構築し、
全てのグループ会社の状況を正しく把握し、
グループ全体の資金を効率的に管理することを支援しています。
常に顧客の現状に対して疑問を持ち、
ITのツールを使って顧客の業務改善、会社の変革に注力しております。
少しでもご興味をお持ち頂けましたら、ご気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ