COLUMNコラム

  • HOME
  • コラム
  • 10年後、経理はなくなると思いますか?

10年後、経理はなくなると思いますか?

  • 決算アウトソーシング

2021.04.28

CFOオフィス事業部 シェアードサービス2部 2課 C.N.

2015年12月、国内601種類の職業について、野村総研とオックスフォード大学の共同研究によりレポートが発表されました。
https://www.nri.com/-/media/Corporate/jp/Files/PDF/news/newsrelease/cc/2015/151202_1.pdf

レポートによると、「10~20年後、日本の労働人口の約49%が人工知能やロボット等で代替可能に。
創造性、協調性が必要な業務や、非定型な業務は、将来においても人が担う」と記載。
総務省統計局の情報だと、2021年2月時点、日本の労働力人口(就業者+完全失業者)は約6,800万人、そのため少なく見積もっても3,000万人以上が影響を受けてしまうと考えられます。
総務省統計局: http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/

レポート内では代替可能な職業として経理に関係しそうな職業は下記が紹介されています。
「経理事務員」、「データ入力係」、「会計監査係員」。
別の職業として「○○オペレーター」(例:CADオペレーター)「○○工」(例:自動車組立工)も目立ちます。
最近のコンビニ、外国人店員増えたよなーと思っていましたが、「レジ係」も含まれています。
周知の事実かと思いますが、単純労働、単純作業は人から機械に役割が変わろうとしています。
一方、感情表現が必要な仕事(例:俳優)等、プログラミングできない仕事は人のまま

レポートの発表から5年以上が経過しました。
みなさんは10年後、経理はなくなると思いますか?

話はそれますが、最近、身の回りにおきた人工知能やロボットによる変化ですと、、、
「やっちゃえNISSAN」でお馴染みのNISSANは、自動運転をアピール。
AMAZONではドローンを使用し、空からの配達が可能になりました。
つい先日も利用しましたが、ユニクロでは無人のセルフレジが導入されました。

経理業務でも、確実に自動化は始まっています。
レシートをスキャンすれば仕訳に自動変換されるようになりました。
ロボット(RPA※)の登場により、伝票処理が24時間行えるようになりました。
RPA:Robotic Process Automation
レポートを真に受けているわけではありませんが、「経理事務員」、「データ入力係」の仕事の一部が機械に変わろうとしています
人はより付加価値の高いコア業務への転換が求められていると強く感じます。

しかし、経理と一括りでまとめると確実に自動化は始まっていますが、経理業務の中でも決算・開示業務はどうかといえば、まだほとんどが人により作成されております。
特に連結システム操作、開示システム操作は人力が主のままです。

弊社フィエルテでは、決算のアウトソーシングサービスを提供しております。
伝票処理の後続作業である、決算・開示作業もアウトソーシングという形で自動化を考えてみては
いかがでしょうか。

タグをクリックすると、そのジャンルに属するコラムの一覧をご覧いただけます。