コラム

小さな庭からもらう日常の小さな感動

CFOオフィス事業部 シェアードサービス1課 A.N.

クリスマスローズの花が我が家の小さな庭で見ごろを迎えています。
ピンク、白、紫、八重咲のものなど7種類のクリスマスローズは、まだ花が少ないこの季節に庭を彩ってくれる貴重な花です。
庭だけではもったいないので、部屋にも一輪
リモートワークで疲れた時にふと目に入るだけで、なんだか癒され、もうひと頑張りするかと活力をもらっています。

クリスマスローズだけではなく、我が家の小さな庭の中には、ブルーベリー、ジューンベリー、ブラックベリー、巨峰、みかんと食べられる実を付ける木などもあります。
その話をすると、決まって庭を見たことのない人は、どれだけ広い庭がある家に住んでいるのだろうと思うようでかなり驚かれますが、残念ながら想像をはるかに超えて小さい庭なのです。
でも、この小さな庭は、私の思いが詰まった大切な場所でもあります。
家を建てる時、自然豊かで、周りに緑がたくさんある環境ではないので、小さくても良いから庭を造り、木を植えたいと思っていました。
そして1階の窓からは必ず緑が見えるように木を植え、季節の変わり目を感じることが出来るようにしています。

旅行に行ってきれいな星を見たり、美しい景色を見たりして感動した経験は多くの人持っているかもしれません。
そんな大それたものではないかもしれませんが、庭に咲く花や木々は、日常に追われている私に、小さな感動をくれるのです。
朝から通勤のために飛び出すように家を出たときに、ふと目に入った小さな花
紅葉して落ちた葉っぱの上を音が面白いと笑いながら歩く子供の姿。
今年もたくさん実ったねと家族と食べる巨峰の味

忙しく働く私にとっては、この小さな感動が、大きな活力をくれます。
大変だけど頑張ろうと思わせてくれるのです。

株式会社フィエルテの決算アウトソーシングは、最終的に大きな感動を与えられるように、日々、小さな感動を生み出しています。
そしてその小さな感動が、関わる企業の活力となっています。
決算業務でお困りでしたら、是非、フィエルテへご相談下さい。

ページの先頭へ