COLUMNコラム

越後湯沢に住んでみる  

  • 決算アウトソーシング

2021.01.13

CFOオフィス事業部 コンサルティングサービス課 山田 賢太郎

30年以上前、バブルと呼ばれた時期に日本各地でリゾートマンションの建設ラッシュがありました。
越後湯沢のスキー場周辺も、ウィンタースポーツブームの後押しや、上越新幹線や関越自動車道の開通により東京から1時間ちょっとでいかれる利便性もあり、高級リゾートマンションがたくさん建てられて、3,000万~5000万円でも飛ぶように売れていたそうです。

あれから20年
バブルの崩壊と共に人気は急落し、さらに老朽化した元高級リゾートマンションは、1年ほど前にはほぼ資産価値0といわれるまで下がっていたようで・・・

しかし、2020年。
新しい生活様式に大きく変化したことにより、様々なものが見直されました。

居住地や主な生活地を見直す人も増えたようで、かつてのリゾート地居住地として、検討する人が急増し、越後湯沢周辺のリゾートマンションの人気が再燃しているそうです。

新潟県南魚沼市、湯沢町では、移住に伴う様々なサポートサービスを提供している企業があるようで、短期間の移住を試せるようなサービスを提供しており、現地での就職・転職もサポートしてくれるそうで、おためし移住のサービスは3~4月か先まで予約でいっぱいの人気ぶりだとニュースでも取り上げられていました。

都会から離れたところでの生活を望む人や、100万円以下で購入できる物件もあること、スポーツジムプールなどが併設されている物件が安く手に入る点を魅力に感じる人に人気のように見受けられました。

このニュースを見て、普段とらわれている概念から一歩離れて、新しい視点で幅を広げて検討してみると、思いもよらなかった選択肢に気づけることがあるいい例だと感じました。

財務や経理等、決算に関わる業務は特に新しい視点を取り入れる機会にはなかなか恵まれないのではないでしょうか。
価値がないと思っていたものも、見直してみると、もっとコストのかかることの代用ができるものだった。ということもありました。
フィエルテでは決算アウトソーシングという業態から、多くのお客様の視点を蓄積し、そのノウハウを日々お客様へ還元しております。
決算アウトソーシングをご検討の際は、ぜひフィエルテまでお気軽にご相談ください。

タグをクリックすると、そのジャンルに属するコラムの一覧をご覧いただけます。