COLUMNコラム

ポテトサラダと連結決算

  • 決算アウトソーシング

2020.12.09

CFOオフィス事業部 シェアードサービス1課 Y.K.

みなさまは、少し前にSNS上で起こったポテトサラダ事件をご存じでしょうか?

事の発端は、スーパーの総菜コーナーでポテトサラダに手を伸ばした子供連れの女性が、高齢男性に「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」と言われたことがSNS上で話題となったことです。
ちなみに、私はポテトサラダを買ってくることに賛成です。

様々なことが議論された中の一つに「ポテトサラダ作りはめんどくさい!」という意見がありました。

これを見たときに私は連結決算業務にも当てはまるのではないかと思いました。

ポテトサラダを作るには、じゃがいもを茹で、皮を剥いて、潰してといったなど数々の工程があります。
でも、作ったことがない人にとっては、そのような工程があるというのも知らず、じゃがいもとマヨネーズを和えれば作れる料理と考え「簡単なのだからそれくらい自分で作れば?」と思っているかもしれません。
連結決算の場合は、親会社だけでなく、国内・海外子会社などの連結決算用のデータを収集し、連結消去・修正仕訳など沢山の工程があります。
また有価証券報告書や、四半期報告書の作成のために、連結キャッシュフローの作成や、注記情報の作成などがあります。
しかし、他の部署の方々にとっては、どんなことをしているのか知らない人が多いと思います。
そのため経理の仕事はパソコンに向かって決められたことを淡々とこなしている業務と思い「自社だけで行うのは当たり前」と考えている人もおられることでしょう。

連結決算もポテトサラダと同じです。
作ったことがない人にとっては、ポテトサラダを作るのも連結決算も簡単なイメージなのかもしれません。
しかしながら、どちらも労力と時間をかけて作っています。
そのため私は、ポテトサラダをお店で買ってくるように、連結決算も買ってくれば良いと思います。
自分ではなく、他の人に任せてしまって良いのです。
主婦も企業も働き方改革です。

弊社では、連結決算業務のアウトソーシングサービスを行っております。
お客様のご事情に合わせて、お手伝いさせていただきます。
日々の業務で何かお困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。

タグをクリックすると、そのジャンルに属するコラムの一覧をご覧いただけます。