コラム

風呂敷の復活

CFOオフィス事業部 シェアードサービス2部2課 C.K. 

2020年7月からレジ袋の有料化が義務化されました。
今までエコバックをもっていなかったけれど、これを機にエコバックを持ち始めたという方も多いのではないかと思います。
そのような時勢の中で、昔懐かしいあるものが脚光を浴びているそうです。
そう、「風呂敷」です。
エコバックの販売が本格化してきた頃、ネックとして挙げられていたのが、「定期的に洗わないと不衛生な事」、「大き目のものを持っていないと容量が足りなくなる場合がある事」等です。
そこで注目されたのが風呂敷です。

風呂敷は一枚の布なのでエコパックより洗いやすく、コンパクトで、更に数か所結べば容量に合わせて形の変わるバックになる為、
エコバックより汎用性があるということで販売数が伸びている、と各所で話題になっていました。
「多様なサイズ」「洗いやすい素材」「おしゃれなデザイン」「撥水加工されたもの」等、消費者の様々なニーズに合わせた種類の風呂敷が展開されているようです。
風呂敷は結び方によって、シンプルなバックになるだけではなく、酒瓶や傘、スイカ一玉(なんと専用の包み方があります)等、様々なものを包むことができます。
また、防災時にも袋やリュック、三角巾等の代用品として使える為、非常用持ち出し袋に一枚入れておく事を推奨されているようです。
もしエコバックをまだお持ちでない方は、風呂敷を手に取ってみられては如何でしょうか?

弊社は連結決算アウトソーシングを行っており、連結決算を軸に連結決算・単体決算・海外決算・開示まであらゆる業務をトータルで支援しております。
お客様のニーズを的確に把握し、その形に添う変幻自在の風呂敷のようなサービスを提供できるよう日々邁進しております。
少しでもご興味をお持ち頂けましたら、ご気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ