コラム

自分に合うものを

 

皆さんは「野球」をしたことはありますか?

私は、元々「見る専」だったのですが、球場で実際に試合を見ていくうちに楽しそうだなと興味を持ち、
1年前に野球を始めました。

最初は安直な考えでバッティングセンターに行き、
置いてあるバットを使って、1ゲーム20球を試しにやってみました。
ですが、全くボールが当たらず、その後、10球目あたりから、肘に痛みが走り、
翌日、肘に痣ができており、バットを振れなくなってしまいました。

何故こうなったのか、野球経験者の父に聞いてみました。
家でバッティングフォームを見てもらったところ、
ボールをよく見て、腰を入れて、遠心力でバットを振るのが理想なのですが、
私は手だけの力でバットを振っていました。

また、インターネットでバッティングの基礎を調べたところ、
バッティングセンターに置いてあったバットは、自分の体に合わなかったので、
身長を目安に体格に合ったバットをスポーツショップで購入しました。

※ピンク色の短いバットです。

バットを買ったはいいものの、バッティングフォームをどうにかしないと始まらないので、
まずは、自分の憧れているプロ野球選手のフォームを参考にして、素振りをしてみました。
数ヶ月後、父に素振りを見てもらったところ、
体格と筋肉量が憧れの選手とは、全く違うので、
自分には合っていないとアドバイスをもらいました。

自分の改善点が出てきたので、少しでも理想のフォームに近づけるため、
とにかく基礎である素振りを徹底的にしました。
その後、バッティングセンターに行き、打ってみたところ、
なんと、バットにボールを当てることができ、
その上、肘を痛めることもなくなりました。

FIERTEでは、連結決算・単体決算・開示業務等のアウトソーシングサービスにおいて
蓄積されたノウハウを生かし、
お客様に寄り添いお客様に合った決算業務等のお手伝いをさせていただいております。
決算業務のアウトソーシングをご検討中・ご興味を持っていただけましたら、
ぜひ一度、FIERTEへご相談ください。

 

ページの先頭へ