コラム

YouTuberになりたい

アウトソーシングサービス1部 1課 藤城 敬史

今更かもしれませんが、最近はYouTubeにはまっています。

エンターテイメントとして見るのはもちろんの事、
包丁の研ぎ方、おいしいペペロンチーノの作り方、作業中のバックミュージックと
まさに「困ったらYouTube」という状態であります。

老若男女問わず生活に溶け込んだネット動画サービスですが、
人気の動画はどれもテンポが良く、見ていてとても面白いです。

テレビで活躍されている芸能人の方もご自身のYouTubeチャンネルを開設されていたりします。
ちなみに最近はまっているチャンネルは、広瀬香美さんのチャンネルです。
自分は音楽は素人なのですが、色々な意味で「何かすごい!」を感じるのでおすすめです。

テレビ離れなどという言葉も生まれているようですが、
なぜここまで秀逸なコンテンツが動画サービスに多く揃っているのか自分なりに考えてみたところ、
「誰のためにサービスを提供するか」という考えが視聴者に寄っているのが原因では無いかと私は思っています。

テレビ制作ですとスポンサーに出資してもらう関係上、
スポンサーの意に沿ったコンテンツを作るのが前提となりそうですが、
視聴数が収入に直結する動画サービスは、見る側の事を最優先にコンテンツが作る事が出来ます
「徹底した視聴者(お客様)志向」に基づいて動画が作成されているのを改めて感じました。

また、「自分のやりたい事を自由に表現できる」というのも一つの要因に思います。
視聴者が喜ぶ事を考え、表現して評価される。
パフォーマーからすると、とても楽しいのではないでしょうか。

これらの要素、ユーザーのメリットを追求できるという点では、実は業種を問わず、
理想の働き方なのではないでしょうか。

弊社で働いていると色々とやりがいを感じる事があるのですが、
私が一番それを感じるのは単純にも現場のお客様に喜んでいただいた時だったりします。

弊社には多数のお客様と共に、日々磨いて参りました連結決算業務のノウハウがございます。
タイトな決算スケジュールなので業務を効率化したい。人手が足りなくて困っている。
そのような際には、是非弊社にご相談いただき、ご一緒に問題を解決させていただけませんでしょうか。

弊社の決算アウトソーシング業務は、単月業務から決算処理、開示書類作成まで、
あらゆる業務をカバーしております。
きっと、お客様の良きビジネスパートナーとして貢献できるかと存じます。

「徹底したお客様志向」で「自分の考えでお客様にメリットをお届けする」。
結果、お客様に喜んでいただく。
YouTuberと同じように、アウトソーシング事業でも同じような考えで働けたらいいなと、
私は日々考えております。

ページの先頭へ