コラム

あきらめたらそこで試合終了ですよ…?

人事課 課長 1級キャリコンサルティング技能士 金丸 健人

誰もがご存知(?)のこのセリフ。

漫画スラムダンクの#241「4POINTS」にて、強豪の山王工業との試合中、安西先生がベンチにいる桜木花道に言った言葉です。

最近、まさにそうだと思うエピソードが2つありました。

■4度目の正直①:大会で初優勝(AVANTバスケットボール部)

フィエルテが属するAVANTグループには、バスケットボール部があり、2017年夏にグループ各社の有志を集めて結成して以来、半年に一度開催されるITスポーツリーグ大会(http://www.itsportsleague.jp/basket/)に参加しています。

もちろん遊び要素も沢山あるのですが、いい大人(20代~60代)が、1泊2日の合宿をするなどして、大会だけは本気で優勝を目指すつもりで臨んでいます。

初めて出場した大会は「3位(第3回)」だったのですが、その後は「3位(第4回)」「4位(第5回」と足踏みが続きました。

しかし、チームは諦めることなく、強豪チームとの過去の試合の動画をもとに全員で戦略を練り、監督も勝つためにメンバーをセレクションした上で、「勝つ」という目的に徹しました。

バスケットボール自体は勝ち負けに関わらず、とても楽しいものです。しかし、大会に出る以上は「勝てる→だからみんな楽しい・嬉しい」という考えをこのチームは持っています。

その姿勢あってか、2019年秋に開催された第6回大会でついに強豪を倒し、4回目の挑戦でついに初優勝。次の第7回大会は惜しくも2位でしたが、年間総合優勝を果たし、美味しいお酒を飲むことができました。

※第6回大会、初優勝の時

■4度目の正直②:最上位資格に合格(キャリアコンサルタント資格)

一転して私個人の話になりますが、先日、1級キャリアコンサルティング技能士の試験(https://www.career-kentei.org/)に、4回目で合格することができました。

公認会計士などの国家資格と比較すると、圧倒的に知名度の低い分野ですが、キャリアコンサルタント資格として1級は最上位の指導者資格であり、私は世の中で「400番目」の合格者となりました。(合格率2~3%のエグイ試験なのです…。)

人事の仕事は「経営に資する」ことがとても大切だと考えていますが、私は「従業員の人生に資する」も同等だと考えており、そのため、この資格を取ることは私のキャリアの中で大きな拘りがありました。
一度落ちてしまうと1年先までチャンスがなく、モチベーションをキープするのは大変でしたが、大義が支えになりました。

これからも1人ひとりのキャリアに真剣に向き合い、はたらく方々の自立自走の支援に全力を注いでまいります。

■フィエルテには、“あきらめない”という覚悟があります

私たちフィエルテは、前身のディーバ時代からこれまで約10年、「連結決算・開示」を軸とした決算アウトソーシング事業を中心に展開し、ついに2020年6月には従業員数が200名を超える規模に至りました。

ここまでの過程としては、一発OKの出来事ばかりではなく、当然ながら上手くいかないことや失敗も沢山ありましたが、何一つ、“あきらめる”ということは無く、日々進化を続けています。

私たちフィエルテの価値は、単なる業務代行の価値だけではありません。

お客様である経理財務組織の方々が「より経営に資する仕事に集中できる環境を創り出すこと」、そして「お客様の1人ひとりの人生に資する価値を提供すること(Ex:残業削減で早く家に帰れる)」など、多くの付加価値をお客様に提供できるよう、日々努力を重ねています。

ぜひ、業務オペレーション側の工夫を当社側にお任せいただき、お客様の経理財務組織を「会社の成長を誰よりも考え抜いて行動できる集団」にしていきませんか?

フィエルテではたらく素敵な従業員たちが全力でお客様を支援いたします。

あきらめたらそこで試合終了ですよ…?

ご関心がありましたらお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ