コラム

第2期 ブログ報告書

【表紙】
【提出書類】ブログ報告書
【提出者氏名】アウトソーシング1部1課長 下田慎二
【電話番号】090-6XXX-XXX0
【縦覧に供する場所】㈱フィエルテ WEBサイト

――― 改ページ(開示ツールで作成していないため、雰囲気だけの改ページです)―――

第一部【ブログの概況】
第1【定義】
1【ウィキペディア(Wikipedia)】
ブログ (blog) は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトであります。
「WebにLogする」のウェブログ (weblog) をブログ(Blog)、また執筆者はブロガー (blogger)、個別記事はブログエントリーと呼ばれております。

2【沿革】

時系列 概要(提出に至るまでの推移)
約1年前 社内ブログの提出日が決定される。
提出日1週間前 偶然、他の社員が締切日を忘れていたことから、自分の締め切りを思い出す。
提出日1日前 ここまで内容が纏まらず、明日の自分に賭ける。
提出日当日 仕事に関することなら、と今採用している報告書形式で、自分史を作成することを思いつく。
同日 夕方 個人情報が駄々洩れなのは拙いと廃案に。締め切り延期を嘆願する。昨日の賭けに負けた。
同日 深夜 形式はそのまま、いっそブログをネタにしてしまうことを思いつく。
日付変わった未明 朝の4時までいろいろ悩む。面白い事が次々浮かぶ・・・気もするが。
締め日翌日 朝 夜考えたことは、翌朝に思い出すととてもくだらないことに気づく。昔からわかっていたのに。
同日 定時後 書き始める。もう後はない。がんばれ自分。ここまでですでに90分経過。

 

3【日常の業務】
㈱フィエルテ入社前からDivaSystemのユーザーだったこともあり、連結決算全般を経験していることから、新規のお客様を担当させて頂いております。
「お客様から引継ぎを受け、社内のメンバーが作業しやすい形に整えた頃に、また次のお客様に移る」というスタイルで、直近3年の間に5つの新規案件に携わっております。

――― 改ページ ―――

第2【ブログの状況】
1【検索結果】
単に「ブログ」で検索した場合約2,010百万件ヒットします。
そのあとに表示される後続の検索ワードをクリックした結果は次のとおりであります。

(単位:百万件)

検索ワード Hit件数(注1)
ブログ 人気 1,040
ブログ ランキング 706
ブログ 始め方 243
ブログ 村 243
ブログ 収入 72

(注1)検索に使用するエンジンの違いだけでなく検索するタイミングによっても異なる結果になります。

2【ブログのリスク】
名誉毀損、プライバシー侵害、企業秘密の漏洩等が発生するリスクがあります。
弊社では、掲載する記事の内容を事前に上長がチェックした上で更新するようにしております。
幅広い業種のお客様がいらっしゃるため、非常に気を使っております。

3【ブログの状況の分析】
締切日の≪翌日≫の定時から、すでに2時間以上経過しました(参照 第一部【ブログの状況】 第2【沿革】)。
締め切り時間超過と、世間を賑わす感染病の影響で早く退社しなければならないという2つの大きな脅威にさらされながら、この先の展開を考える重要な局面でありますが、「個人情報」と「ブログに関する一般論」をハイブリッドするという手法を発見し文字数が稼せげたおかげで、このままいけば強制退社時間までに順調に校了する見込みであります

――― 改ページ ―――

第3【周りの状況】
いつも定時帰りの私がこのブログの為に定時勤務外に会社にいるわけですが、周りは次の決算に向けて早くから準備する社員で溢れています。
こうした皆さんの努力の陰で、お客様から感謝され、また、順調に目標の成長率を維持できているので、本当に頭が下がります。
有難う御座います。

第4【コーポレート・ガバナンス】といえば・・・
導入当時に勤務していた会社で、その名称の意味も分からずCG対策委員会むりやり組み込まれていた事を思い出します。
大綱作成から実際のとても面倒な報告用サイトへの入力まで、特に嫌だったことを昨日のことのように思い出されます。

――― 改ページ ―――

(重要な後発事象)という名の後書き。というかお願い。
自身の事、とブログに関する何でもないただの検索結果をハイブリッドしただけでなく、校閲部分も残すことで文字数を稼ぐというありがちな手法により、まだまだいけるという余力を残しつつ無事想定の時間内に達成しました。
これが2日前なら文句はないのですが。
校閲部分は今ご覧になっている皆様に少しでも楽しんで頂くための脚色・演出であり、決して心の声が漏れたわけではないという事で信じて頂きたいです。

もっとまじめに書けば、この報告書形式は、この業界の関係者の方々の冠婚葬祭の1シーンで採用されるのでは?という依頼を受けて小銭を稼ぐ野望も見えてきましたが、㈱フィエルテは連結決算を弊社にアウトソースして頂き、お客様においては、その空いた時間をより有意義な業務に充てて頂きたいという思いで日々活動している会社ですので、連結決算及び開示の事はぜひ当社にご相談いただけます様、今後とも宜しくお願い致します。

OS1-1下田慎二

(了)

ページの先頭へ