コラム

オンライン診療について

シェアードサービス2部 1課長  公認会計士 荒木 誠

病院の待合室って退屈ですよね。
雑誌を読んだり、携帯をチェックしたりと時間をもて余してしまいます。
私自身も、病院に通院していた時期がありましたが、たった5分の診療で、移動や待合室での時間、薬局での薬の受け取りを考えると2時間近く、病院のためにとられます。
現在医療についてもデジタル化の波があるようで、オンライン診療を取り入れている病院もあります。
まだ私の住んでいる地域にはほとんどないですが、皆様のお住まいの地域ではいかがでしょうか。

実際には以下の手順で、オンライン診療が可能です。
1.初回は対面での診察が必要。
2.医師が適切と判断した方は次回以降オンラインで診療。
3.診察希望日の前日までで24時間いつでも予約が可能。
4.予約時間にパソコン or スマホを使ってオンライン診察。
5.会計は事前に登録したクレジットカードでの決済
6.診察後、薬を自宅まで郵送

1,2,6については、厚生労働省の「オンライン診療の適切な実施に関する指針」において具体的な記載があります。
情報セキュリティが万全であることが前提です。
また医師の働き方改革において、ICTを活用した勤務環境改善が必要との意見もあります。
今後は国内の高齢化や地域による医師の不足や偏在により病院へ通院することが難しい方の割合も増加します。
現在のところ、保険対象は慢性疾患である糖尿病や高血圧等に限られているため、普及までには時間がかかりますが、医療格差を是正する手段としてオンライン診療は大切な役割を担うものと存じます。

フィエルテでは、主に連結決算・開示業務のアウトソーシングサービスを提供しております。
連結決算業務の属人化により、業務される方の高齢化が進んでませんでしょうか。
連結決算特有の高度な会計基準・実務指針の知識が必要であるため、社内で一から育てることや、地方の企業様の場合にはそのような人材を採用をすること自体が難しいことと存じます。
また昨今の長時間労働の是正や働き方改革による生産性の向上を目的とされて弊社のアウトソーシングサービスを導入をされたお客様もいらっしゃいます。
フィエルテの連結決算のアウトソーシング導入初期はお客様先にお伺いすることがございますが、その後は基本的には常駐せずに新宿オフィスで業務いたします。
必要に応じて、オンラインでトピックス事項や決算で出てきた課題についてのお打ち合わせをしていきます。
決算業務アウトソーシングをご検討のお客様は是非とも導入実績が豊富なフィエルテにご連絡下さい。

ページの先頭へ