コラム

「令和元年」のクリスマス

CFOオフィス事業部 シェアードサービス2部1課 若林 祐太

今日は12月25日です。
クリスマスです。
ハッピーホリデー!(日本は違います泣)です。

街のいたるところではサンタクロースやトナカイの飾りつけやジングルベルが流れており、クリスマスツリーがライトアップされています。
とてもきれいです。

日本では商業イベントという側面が強いと思いますが、やはり毎年クリスマスは楽しみです。
今年はどんなオーナメント(ツリーに飾り付ける装飾品)を飾ろうかな?
ケーキは何にしようかな?
子供へのプレゼントは何がいいかな?
など心躍る悩み事がたくさん出てきます。

私の家では毎年クリスマスケーキを作っています。
毎年同じだと面白みもないので、いろいろなケーキを作りたいと思うものの、パティシエのように知識もスキルもないため作れるであろう知っているケーキから選ぶしかありません。
例えば、普通のショートケーキ(いちごは高いのでバナナです泣)やカスタードクリームのタルト(カスタードクリームが甘すぎました泣)、ブッシュ・ド・ノエル(木を模したケーキです。私が作ったのはとてもスリムで枝木みたいでした泣)などを作ったことがあります。

一度はフルーツをふんだんに使用して、フルーツケーキを作りたいと思っているのですが、これはこれでコスト的な問題が出てきてしまい躊躇してしまいます。
(フルーツ高い…バナナしか買えない泣)
いろいろ考えた結果、美味しく、バリエーションもあり、コスパも良いクリスマスケーキは自分では作れないと感じました。
色んな種類の美味しいケーキが手ごろな値段で、デパ地下やスーパー、コンビニ、ケーキ屋で買える時代です。
「令和元年」のクリスマスは市販のケーキも含めて、何にしようか家族で決めたいと思います。

さて、明日からは一転してお正月モードに変わります。
これまでどこに行っても顔をのぞかせていたサンタやトナカイは身を潜め、だるまやネズミ(2020年の干支)が顔を出してきます。
一年の終わりが近づいています。
最近はあっという間に月日が流れてしまいます。(倍速モードのようです泣)

今年は令和元年です。
「即位の礼」や「祝賀パレード」など皇位継承の儀式や行事があり、「ラグビーワールドカップ」がアジアで初めて開催されました。
2019年にしかない行事やイベントが多々あり、記憶に残る一年であったように感じます。
皆様は如何だったでしょうか??

終わりの挨拶となりますが、今年もフィエルテのアウトソースをご利用いただいているすべてのお客様のお力添えのおかげで、つつがなく業務を進めることができ、心より感謝申し上げます。
来年はより一層皆様のお役に立てるよう励む所存です。
2020年(令和2年)におかれましても、本年と変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ