コラム

暴風の中では何も聞こえない

TMSサービス部 TMSサービス課 芹澤 陸

今回の台風19号で多くの地域で大きな被害が発生しました。
何よりも被災地のみなさまがご無事でいらっしゃることを信じてお祈り申し上げます。

台風が上陸する前、私の住居の近くの川も氾濫する恐れがあったので、いつでも避難できる準備をしておりました。

「あとは避難勧告が出たらすぐ避難するだけだな」
そう思っていたのです。

台風が近づき、時間が経つにつれてどんどん雨風が強くなりました。
防災センターも避難勧告の放送を開始したのですが、ここで問題が起きました。

そう、「暴風の中では何も聞こえない」のです。
必死に聞こうとしても何を言っているか全く聞き取れません。
どんなに耳を澄ましても聞こえてくるのは雨風の音だけ
そのため、どの地域が避難対象なのか、今どういう状況なのかが全く把握できなかったのです。

そこで急いでインターネットで自分の地域の情報を調べ、避難対象となっていることを知り、
急いでバッグを掴んで家から飛び出ました

避難中に川を目にしたのですが、まさに表面張力状態。
あと少しであふれ出すところでした。
「あと少し遅かったら逃げ遅れていたのかもしれない…
その時はそう思いました。

早く家を出たことで無事に避難することが出来ました。

次の日、避難勧告が解けたので家に戻ったのですが、
その道中で神社にあった大きな木々がへし折られていたり、グランドが池になっていたりと
悲惨な状態でした

幸いにも家に被害はありませんでしたが、
避難していなかったことを思うと、風も強まり避難もできないような状態になって
いつ氾濫するかもわからない川や暴風に対して一晩中恐怖におびえていたことでしょう

今回の台風で「暴風の中では大事な情報も聞こえない」ことを知りました。

このことは仕事でも言えると思います。
別の仕事に紛れてしまって本当に重要な情報や仕事を扱うことができなくなってしまうことがあるのではないでしょうか

弊社フィエルテでは連結決算のアウトソーシングをはじめ、さまざま形で多数のお客様の業務の協力をさせていただいております。
煩雑な経理業務を弊社に任せ、お客様にはその時間で本当に重要な仕事を行っていただきたい、
皆様の重要な仕事をどこかへ飛ばしてしまうような暴風を受け止める存在でありたいと思います。

ご興味がございましたら、弊社フィエルテをご利用してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ