コラム

電子レンジで卵料理楽しみましょう

CFOオフィス事業本部 シェアードサービス1部 4課 潘 瑋琳

「今日の弁当は何にしよう?」
食事の支度に頭を悩ませる方が多いのではないでしょうか。
私はとにかく時短で節約的な料理をしますが、唯一絶対お弁当に欠かせないのは卵料理です。

しかし、卵料理にとって一番重要なフライパンの温度管理や油の量などの調節は、得意な料理がカップ麵の私にはハードルが高いです。
そのため、何かフライパンの代わりになるモノがないかと考えていたところ、電子レンジ使えば、フライパンなどの大きい調理器具の洗い物もないので、忙しい時でも調理時間も片付けの時間も短くできると思いつきました。
そこで今回は、私が良く作る、茶わん蒸しを電子レンジで作る際のポイントをご紹介します。

ご存知の方も多いと思いますが、卵をそのままレンジで加熱すると爆発します。
割った卵は卵黄を覆っている膜にお箸で穴を開ければ爆発を防止することができますが、それも完全ではありませんので、卵を電子レンジ調理する際に気をつけてください。
また、加熱しすぎると、細かい泡のような“す”が入ったり、食感がぼそぼそになったりすることも。
加熱時間は卵の大きさや温度、電子レンジの機種によって多少異なりますので、初めて作る時はレシピの表示時間より短い時間から様子を見つつ対応するほうが失敗をしません。

~レンジで作る時短茶わん蒸し~
【主な材料】
卵、水や牛乳や豆乳など、好きな食べ物

【作り方:加熱は電子レンジできるお手軽レシピ!】
卵は解きほぐしておき、水や牛乳や豆乳と入れ混ぜ合わせるだけ。
最初に電子レンジで1分30秒加熱したら、あとはこまめに様子を見ながら10秒ずつ加熱して調整する。
(こまめに加熱するのが、“す”が入らずなめらかに仕上げるコツです。マグカップやココットなど、自宅にあるレンジ対応の容器で作れます。)

私は、「考える」際にいちばん重要なのは「選択する」ことだと思っています。
自分自身の行動が目標達成に役立つものであるのか、それとも外れたものなのか。そのどちらかを選択できるのだということです。
ちょっと考えて、より良い選択をすれば、茶わん蒸しなどの手間がかかるイメージのあるお料理もとても手軽に作れます。

決算期間という限られた時間の中で煩雑だったり神経を使う作業など、マイナスの感情を抱いてしまうものがあるかと思います。
より短期間で、より効率的に、多くの業務を完遂させる。
その為のお手伝いをさせていただくのが、弊社の決算アウトソーシング事業となります。
あらゆる形で多数のお客様の決算業務を支援する中培われた経験とノウハウをもとに、皆様にとってベストな結果をもたらせるよう対応しております。
少しでもご興味をお持ち頂けましたら、是非お気軽にご相談頂ければと思います。

ページの先頭へ