コラム

猫のゴロゴロ

プロダクト開発部 濱野 良二

猫のゴロゴロ音には自然治癒力がある周波音を含んでおり、リラックス効果だけでなく肩凝りや腰痛・骨折の治療にも効果があるそうです。
ゴロゴロ音のおかげで、猫は怪我をしても他の動物の3倍の回復力があるとも言われています。

フランスにおいてはこのゴロゴロ音についてテレビや雑誌でたびたび特集が組まれるほど関心が持たれています。
2002年のサッカー日韓W杯の前にイングランドのデビッド・ベッカムが骨折をし、酸素カプセル(通称「ベッカムカプセル」)で復活を遂げたことを覚えていらっしゃる方も多いと思います。
それにゴロゴロ音を追加すると更に回復力が早まると思うと骨折治療も進化しそうです。

ただ、このゴロゴロ音がどのようにして発せられているかについては、まだはっきりとは分かっていないそうです。
よく「喉を鳴らす」と言いますが、ゴロゴロいいながら「にゃー」と鳴くこともできるそうなので、実際には喉を鳴らしているわけではないようです。
最近では首の筋肉の振動音であるという説が有力になっています。

猫がこの音を出すときはリラックスしている時だけではないと言われています。
例えば知らない人に触られて緊張している時や、病気や怪我で体調が良くないときにも出すようです。
緊張の際はリラックスしようとして出す・体調が良くない際は自然治癒力を高めるために出すと言ったところでしょうか。

ちなみにゴロゴロ音だけを集めたCDなども発売されています。
帰宅してソファーに座って目元を温めながら何も考えずにゴロゴロ音CDを聴いていると、その日の疲れが取れて明日への活力が湧き出る感覚になります。(効果のほどは個人差があります)

私も猫が大好きですが、ペット禁止の賃貸に住んでいるため飼うことができません。
そのため、気軽に猫に触れ合うことができる猫カフェに通って癒されております。
改めて猫について調べていると、癒やされることも科学的に実証されているのだなと実感します。

さて弊社フィエルテでは連結決算・単体決算・開示業務等の「決算アウトソーシングサービス」を提供しております。
御社にとっての「猫の手」となるだけではなく、弊社のナレッジにより業務効率化をはかり、皆様の癒しの時間を少しでも増やせるよう尽力いたします。
少しでもご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ