COLUMNコラム

銭湯だからできること

  • 決算アウトソーシング

2019.07.10

シェアードサービス1部 5課   桒山 美帆

銭湯に行ったことはありますか?

昨今は自宅にお風呂がある家がほとんどで、銭湯に行ったことがない方も多いかもしれません。
わたくしの家にもお風呂はありますが、疲れているなと感じた時には銭湯に行っています。
今の家は近くに銭湯があり、思い立ったらすぐ入浴に行けるのが嬉しいです。
東京でも減少傾向とはいえまだまだ魅力的な銭湯は沢山あり、昭和のノスタルジーを感じる趣のある銭湯や、薪でお湯を沸かしている銭湯など、銭湯探索が週末の楽しみになっています。
また、銭湯によっては薬湯、露天風呂、電気風呂、バイブラ風呂と様々なお風呂があるので個人個人で活用方法をアレンジできるのも楽しみの一つです。

そんななかわたくしが特に好きなのは「温冷交代浴」です。
お湯と水風呂を交互に入ることで自律神経を整え、血流も良くすることから、日々の疲れはもちろんスポーツをした後の疲労回復にも効果があるそうです。
実際自分は肩こりが緩むようになったことで頭がスッキリし、フィジカル面だけではなくメンタルな部分、思考も進むような感覚があり病みつきになりました。
自宅のシャワーでも効果があるとは聞きますが、やはりあの銭湯の大きなお風呂で交代浴をすることで老廃物が流されてリフレッシュし、思考がクリアになる感覚は得難いものがあります。

日々の業務を進めるうえで、凝り固まった部分はありませんか。
この方法が最善なのか、もっといいやり方があるかもしれない、決算・開示以外にももっと時間を使いたいけれど…そんなお悩みがある場合、新しい流れを取り込むことで業務に流れを生み出せるかもしれません。

決算・開示業務の引き継ぎや標準化、効率化でお困りのことがあれば、弊社の決算アウトソーシングサービスへ、是非ご気軽にご相談ください。
業務の標準化、効率化を御社向けにアレンジし、仕事の血流を円滑にするお手伝いをさせていただきます。

タグをクリックすると、そのジャンルに属するコラムの一覧をご覧いただけます。