コラム

小田原が一番盛り上がる日

シェアードサービス部1課 内山 涼

みなさんはGWの予定はもうお決まりでしょうか?

私の生まれ育った町、神奈川県小田原市では毎年5月3日~5日までの間、小田原北條五代祭りおよび市内4神社の例大祭が開催されています。

小田原北條五代祭りは戦国時代小田原城を拠点とし、5代100年にわたり関東に君臨した北條氏を称え偲ぶ祭りです。
今回で55回目の開催となり、甲冑を着込んだ武士や鉄砲隊の武者行列、地元学生の吹奏楽部や陸上自衛隊の音楽隊などによる総勢約1,700名のパレードは圧巻です。

4神社例大祭は江戸時代から続く伝統行事であり、小田原駅周辺の4神社の各氏子地区がそれぞれ神輿を担いで市内を練り歩き、最終日には神社周辺をたくさんの神輿が威勢のいい掛け声とともに走り回る姿を見ることができます。
これ以外にも小田原城周辺では多くの屋台が出店し、地元のグルメを堪能していただけます。

これらの行事が併せて開催される5月3日~5日は小田原市内が一年のうち最も賑わう期間となります。
みなさんも機会があれば、ぜひ小田原に足を運んでいただければ幸いです。

その一方で、近年は神輿の担ぎ手不足が問題となっています。
それぞれの地区内の人間だけでは十分な担ぎ手を確保できないため、知人に声を掛けて地区外の方にも神輿を担ぎにきていただいている所がほとんどです。

十分な担ぎ手を確保することで、ベテランの方々は神輿渡御の効率の良いルート作成や、安全面の確保等に専念することができるので、これも一つのアウトソーシングの形であるといえます。

フィエルテでは連結決算をはじめ単体決算や開示業務等、お客様のニーズに合わせ様々な形で決算業務アウトソーシングを行っております。
ぜひ、弊社のアウトソーシングで“貴社という神輿を担ぐ”お手伝いをさせていただけないでしょうか。

ページの先頭へ