コラム

思い込みについて

 

ゴルフを始めて二年ほど経ちました。
ようやく、ドライバー(一番長く、初心者には一番難しいと言われるクラブ)も比較的まっすぐ打てるようになってきました。

ただし、現在使っているドライバーは初心者用に短く、ボールも上がりやすいように上を向いているものです。
ですので、ナイスショットをしても飛距離が出にくく、私の年齢は40代前半ですが、60代、下手をしたら70代のおじ様達に飛距離で置いて行かれることがしばしばです。
道具だけの問題ではないとは思いながらも、そろそろ普通の長さのドライバーでキチンと打てるものを購入したいと思っており、中古ショップで試し打ちをしたり、人が使っているものを打たせてもらったりしていましたが、どうにもシックリきません。
インターネット上で「簡単で飛ぶ」などの情報のあるものを打ってみても自分自身にはシックリきませんでした。

そんな中、ある発売されたばかりのドライバーの記事がインターネット上に載っていました。
ゴルフの用具は海外のメーカーのものも比較的多いのですが、そのドライバーは、ある国内のメーカーのものです。
記事によると「日本のメーカーが日本人のために作った」とあり、なかなか良さそうです。
ただし、安いものではないため、いきなり購入するには躊躇いがあります。調べていくと近所のゴルフショップで試打会があるとわかり、
「一人で悩んでもわからないことだらけなので、これはもうプロに見てもらうしかないだろう」
と一念発起し、初の試打会なるものに行くことにしました。

そのドライバーには大きいヘッド(ボールが当たる部分)と小さいヘッドの2種類があり、事前に色々な記事を読むと、大きいヘッドは安心感があり初心者向け、小さいヘッドは操作性がよく中上級者向けとあります。
試打会は予約制とあったので電話をすると、どのクラブをメインに試打をしたいかと聞かれたので、当たり前のように「大きいヘッドのドライバー」と答え予約完了です。

そして試打会当日になり、店舗での試打に入りました。
時間は1時間、メーカーの人とマンツーマンで色々と会話をしながらの試打となります。
「まずは色々試してみましょう」とのことで、希望した大きいヘッド、中上級者向けといわれる小さいヘッド、さらにそれに合わせ色々なシャフト(ドライバーの棒の部分)を打っていきます。

すると、どうでしょう。
中上級者向けと言われている小さいヘッドのドライバーの方が安心して気持ちよく打てるのです。
大きいヘッドのドライバーの方が打つ時に明らかに重く感じるのです。
私が「大きいヘッドのほうがやはり重いですね」というと、メーカーの人曰く「どちらのヘッドも重さは同じなんですよ」とのこと。
人間の思い込みとはいい加減なものだなと思いつつ試打を終了しました。

今回、初めての試打会で実感したことは、
「感覚による思い込みはかなりいい加減」、
「自分自身だけではわからないことはプロに相談したほうが効率が良い」、
「他人の言うこと(書くこと)は参考にはなるが、自分自身に全てが当てはまるわけではない」
ということです。

文字にしてしまうと当たり前のことかもしれませんが、実際に自分自身で体験して納得し、今後もわからいことは早めに専門家に相談しようと思いました。
さて、弊社では連結決算業務のアウトソーシングを中心に、日々の経理業務から開示まで、様々な業務をトータルで支援しております。
行わなければならないと思っている業務についても、単なる思い込みで、プロの視点から見れば、さらなる効率化を図れるかもしれません。
少しでもご興味をお持ち頂けましたら、ご気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ