コラム

一足早くお花見しませんか?

アウトソーシングサービス1部 1課 程 欣

みんなさん、いよいよこの季節が参りました。
日本気象協会の予測によると、2019年の東京は開花が3月21日頃、満開が3月29日頃になりそうです。

残念ながら、桜の開花期間は、満開から一週間程度で花が散ります。
そして、花が咲いた後に気温が下がる花冷えが起こると花は長く持ち、咲いた後に雨が降ると早く散るそうです。
そういうことを踏まえると、綺麗な桜に癒される期間がわずか2週間くらいになります。
そんな短期間では物足りないと思いませんか?

もし、もっと桜を楽しみたいとお考えならひとついい方法があります。
一足早く春を実感するために、早咲き桜を見に行ってはどうでしょうか?

早咲き桜というのは、河津桜や寒桜、寒緋桜、あたみ桜など、1月~3月にかけて開花・見頃を迎える桜です。
関東エリア内には、富士山とサクラを一緒に楽しめる松田山ハーブガーデン、静かな川とサクラのコラボを楽しめる伊豆半島、そしてキャンプまでできる桜見場所など、早咲き桜を見られるところが数多くあります

私は、今年の3月あたまに神奈川県松田町にて開催された「まつだ桜まつり」に行ってきました。
河津桜独特の濃いピンクと菜の花の鮮やかな黄色のコラボレーションが見られ、夜にはライトアップされたサクラ海も楽しめ、とても満足できました。
当然、通常の満開の桜も心待ちにしていますが、私の中では今年のお花見はもう始まっています。

悔いを残さずに生活して行くためには、目標を立てて、一足早く物事を進めていくことが大事だと、私は思っています。
限られている時間を充実したものにするためには、事前の準備や心構えが欠かせないとも考えています。

弊社は連結決算アウトソーシングサービスを行っており、連結決算を軸に連結決算・単体決算・海外決算・開示まであらゆる業務をトータルで支援しております。
お客様のニーズを的確に把握し、一足早くお客様の悩みを解消できるサービスを提供できるよう日々奮闘しております。
少しでもご興味をお持ち頂けましたら、ご気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ