コラム

「シーズン」を戦い抜くためには

CFOオフィス事業部 アウトソーシングサービス3部 1課 三島 賢人

プロ野球はお好きでしょうか。
あまり興味のない方でも春から秋にかけてテレビ欄の一部を埋めるプロ野球シーズンの存在はご存知かと思います。
グラウンドでプレーする選手、ベンチから指揮を執る監督・コーチ(以下、首脳陣)が力を合わせ、リーグ優勝・日本一という目標に向けて戦っています。
しかしながら球場にいる選手・首脳陣だけではチームとしてシーズンを戦い抜くことはできません。
彼らを支える裏方の存在も必要です。

今回はスコアラーという存在に着目したいと思います。
端的にいえば、スコアラーとは他チーム(もしくは自チーム)の練習や試合を見て、データを収集し戦力や弱点等を分析する役割であり、元プロ野球選手のように専門的な知識・経験を持った方が多く務めています
野球漫画等ではライバル校の試合を部員総出で見に行く偵察のようなシーンがよく表現されていますが、スコアラーとはそれを専門化したものといえます。

実際に戦う相手ならば、選手や首脳陣自身の目で直に見ることが大切だとする意見もあるかもしれません。
しかし、選手はシーズン中休むことなく練習や試合に臨み、首脳陣はシーズンの戦略に常に頭を悩ませています。
そもそも敵チームが試合をしているときはほとんど自分たちも試合をしているのですから、中々敵チームの情報収集に出向いたり自チームを俯瞰的に観察したりといったことは難しいことでしょう。

そこで、スコアラーがデータ収集・分析の専門スタッフとして役割を担うことで、選手や首脳陣が自分たちの仕事に注力することができます。
また、彼らが分析したデータを用いることで、更にチームが強くなり高い目標へと近づくことができるのです。
スコアラーが確かな知識と経験を持っているからこそ、彼らに任せるということに価値があるのです。

企業の経営も、プロ野球のシーズン戦略と同じように考えられます。
企業の財務会計情報は企業の中長期的な成長戦略に欠かせない情報ですが、その管理には多大な時間と人的コストを要します。
そこで私たち株式会社フィエルテでは、専門的知識と経験を持ち合わせたスタッフによる決算アウトソーシングに特化した専門的なサービスの提供によりお客様の経営をサポートしております。

企業ビジネスにオフシーズンはありません
お客様が自身の目標に向けて「シーズン」を全力投球するために、弊社をお客様のチームスタッフとして御一考下さい。

ページの先頭へ