コラム

伝説の家政婦

CFOオフィス事業部 シェアードサービス部5課  和田 愛華

「伝説の家政婦」と呼ばれている方をご存知ですか。

先日、「伝説の家政婦」と呼ばれているタサン志麻さんという方をテレビで知りました。
日本とフランスの調理師専門学校に通い、フランスの三ツ星レストランで修行をした後、日本の有名フランス料理店で15年働いていた経歴を持つ彼女が現在、「作り置きの家事代行サービス」で「伝説」と称される家政婦なのです。

では、志麻さんの何が「伝説」と言わしめるのでしょうか
「3時間でものすごい量の作り置きを作る」
テレビで見ていて見入ってしまうほど、1分たりとも無駄にせずてきぱきと料理を作っていきます。
多いときは3間に15品目もの料理を作り、かつ、片付けまでしてしまうのです。
志麻さんの時短テクニックがいたるところに散りばめられています。

「冷蔵庫の中にあるもので作る」
依頼者との事前の打ち合わせはなく、その日冷蔵庫に食材からさまざまな料理を生み出します。
また、家の中の状況や会話からヒントを得て、依頼者が今求める料理、好みの味付けを生み出します。

「馴染みの家庭料理から洒落たフランス料理まで幅広いレパートリー」
家庭ではなかなか馴染みのないフランス料理も、志麻さんのレシピでは誰でもおいしく作れるシンプルなものばかりです。

テレビを見ていて、志麻さんが「伝説の家政婦」と呼ばれる所以は、ただの家事代行サービスではなく、それを通して知恵と料理の魅力を依頼者に与えるからなのではないかと感じました。
志麻さんの言葉で「作る時間より食べる時間を大切に」とあります。
志麻さんは家事の代行にとどまらず、知恵とアイデアで、日々の忙しい生活の中で献立に頭を悩ませ、料理が苦痛になっている人の悩みを解決しているのではないでしょうか。

フィエルテでは決算業務のアウトソーシングサービスをご提供しています。
ただの代行ではなくフィエルテならではの決算業務のノウハウをお客様にご提供いたします。
決算業務で頭を悩ませていることがございましたら、ぜひ、お気軽にご相談下さい。

ページの先頭へ