コラム

デトックス

CFOオフィス事業部 営業部 加藤 啓太

皆様は「デトックス」と聞いて、何を想像しますか?
整体、ヨガ、断食、、、と世の中にはさまざまなデトックス方法があります。

かくいう私のデトックスは岩盤浴に行くことです

そもそも、デトックスとは日々の生活の中で蓄積される毒素や老廃物を取り除くことと定義されています。
食品に含まれる添加物、排気ガスや大気に含まれる汚染物質、そして精神的なストレス、、、
ひと口に毒素や老廃物といっても枚挙にいとまが無く、工夫をして解消しなければあっという間に蝕まれます。

2年程前に知人に岩盤浴に誘われてから、そのデトックス効果に感動し、前述の悪玉たちを解消する手立てとして使っています。

誘われた当初、岩盤浴のイメージは、若い女性の特権であり、男子禁制の花園のような偏見を持っていましたが、
恐る恐る足を運んでみると、初老のナイスミドルなおじ様や企業戦士と思わしき30代前後の男性がお独りで黙々と汗を流していました

郷に入れば郷に従えの金言ごとく、一緒になって汗を流しているうちに、気づけば心身ともにすがすがしい気分になっていました。
それからは見事にハマってしまい、今や長く空いても3か月に1度、短いと週に1度のペースで通うようになりました。

そんな岩盤浴狂いとなった私から、3つおすすめのルーティーンをご紹介します

① 滋養強壮食品の摂取
・・・ニンニク、葱、唐辛子など代謝UPの食品を入浴前に摂取して、発汗にブーストを掛けます。

② 入浴中は身体をとにかく伸ばす
・・・頭皮から足の指先まで伸びる部分はすべて伸ばします。
この時のポイントは常時、腹式呼吸を続けて、体内の酸素を入れ替えながら、血行循環させて、コリを取るように意識することです。

③ 瞑想と思考の棚卸
・・・幾何学模様が見えてくるまで目を瞑り、瞑想と思考の棚卸をします。
喫茶店や図書館で勉強がはかどるように、岩盤浴内でも集中できたりします。
仕事の課題やプライベートの問題を高温の中で思考錯誤をしながら整理していると不思議とパッと開ける感覚があるので、おすすめです。

以上、私の実践している岩盤浴ルーティーンの紹介でした。

このように日々の生活の中で、身体と脳内をリフレッシュする機会を持つことは非常に大事なことだと、身をもって体感しています

弊社の提供する連結決算アウトソーシングもある種のデトックスだと考えております。

・決算が担当者に属人化し、暗黙知となっていること
・膨大な作業に能力の高い人員がブロックされていること
・長時間残業、休日出勤による社員への負担 など。

上記のような凝り固まった経理部の血流を整え、人材リソースの有効活用が可能になるようご支援致します。
決算・経理に紐づくご懸念がございましたらお気兼ねなく、フィエルテ営業部まで是非お問合せくださいませ。

ページの先頭へ