コラム

案外頭を使います

アウトソーシングサービス2部 1課 米山 優子

突然ですが、「ボルダリング」をしたことはありますか?

「ボルダリング」とは4m程の壁を登り、ゴールを目指すスポーツです。
専用のシューズを履く以外には特に器具を使用せず、身一つで登ります。
ロープの装着の必要が無い為、気軽に始めることが出来ます。
2020年の東京オリンピックより正式種目になります「スポーツクライミング」の内の1種目で、昨今注目度が高まっているスポーツです
テレビのバラエティ番組で芸能人が挑戦するところや、ニュース番組で日本人選手の活躍をご覧になられた方もいるのではないでしょうか。

そんなボルダリングに私が出会ったのは2年前、それからほぼ週1のペースでクライミングジムに通っており、現在一番の趣味となっています

なぜそこまでボルダリングに嵌ったか?
それは、ボルダリングが案外頭を使うスポーツだからです。

壁を登る際、体の使い方や重心等、常に考えながら課題に挑戦します。
登る為に掴むホールドの特徴を意識することも重要で、ホールドは様々な形状をしており、それぞれ力を掛けやすい向きが異なる為、それを上手く利用して登っていくことが必要になります。力の掛ける向きを間違えると、たとえ筋骨隆々の男性でも重力に耐えられず落ちてしまいます。
いかに無理なく登ることが出来るかが重要な為、アプローチを考えながらゴールを目指します
そうしてゴールに辿り着いた時の達成感はなかなかのもので、日頃のストレスも吹き飛びます

ただ、頭を使うと言っても始めて2年の若輩者です。
経験値が少ない為、良いアプローチが浮かばず、試行錯誤をしても歯が立たないこともままあります。

そんな時、ふと他のクライマーを眺めることで、全く違うアプローチが浮かぶことがあります
これにより出来なかった課題が出来た時は、一段と大きな達成感に包まれます。
また、何とかゴールに辿り着いた課題が、熟練クライマーからのアドバイスにより簡単にクリア出来るものになった時は、いつも目から鱗が落ちる思いです

困難だと思う課題に取り組む時、視野が狭くなりそのアプローチしかないと思い込みますが、実際は他にも色々な選択肢があり、視点を変えると解決することが多々あります

これは仕事にも言えることで、日々の仕事に追われこの方法しかないと思われていることでも、視点を変えることで、簡便に出来ることがあるかもしれません。

弊社は、決算・開示業務のアウトソーシングサービスを提供しております。
蓄積されたノウハウや豊富な知識・経験から、お客様の視点を変えるご提案をさせて頂きます。
困難と思われる壁もフィエルテと一緒に攻略をしてみませんか。
是非ご相談をお待ちしております。

因みに、決算業務に携わられる方は日々PCに向かわれている方が多いと思いますが、凝り固まった肩をほぐすのにボルダリングはかなり有効です
次の日の筋肉痛は覚悟して頂く必要がありますが・・・。

ページの先頭へ