コラム

子育てアウトソースしています

CFOオフィス事業部 品質管理部 アシスタントマネージャー 酒井 智子

3歳の息子がいます。多くの共働き家庭の子がそうであるように、我が家の息子も保育園に通っています
保育園探しをしていた当初、「かわいいわが子を他人に預けてまで仕事をしてもいいのか」と迷う気持ちが心の中にありました。
「小さいうちは他人に任せず、母親が見るのが一番いい」というよくある意見も気になりました。
この4月で息子の保育園生活もまる2年を迎えますが、当初の迷いはどこへ、「プロにお任せするって素晴らしい」というのが現在の感想です

3歳の男の子。やんちゃで、元気いっぱいです。
週末は家族で一緒の時間を重視し、色々とお出かけしますが母の体力は大体土曜日で底をつきます。日曜日はヘロヘロになりながらなんとかお付き合いしている状態です。
平日になると若くて元気いっぱい、子供が喜ぶツボを知り尽くした保育のプロが思う存分遊んでくれます。一緒に笑って、遊んで、はしゃいで、ときには喧嘩もできるお友達が14人もいます。
保育園に行かず、私が毎日お相手をしていたら、遊びの幅はもっと狭かったでしょう。お友達と一緒に遊ぶ機会も毎日ではないですし、1度に10人以上と遊べることはほとんどなかったと思います。

保育園での食事はプロの栄養士が作った献立に基づき、園内で調理した出来立てが振舞われます。おやつも全て手作り、食材は旬のものが産地にこだわって選ばれます
季節の行事も取り入れられ、ひな祭りにはちらし寿司、クリスマスにはサンタデコレーションのいちごデザート、ハロウィンにはかぼちゃのプリンなど出てきます。
母の作る食事とは比べようもありません。母の前では我侭言ってなかなか進まない食事も、先生やお友達の前では綺麗に完食してるようです

プロの保育者は、保護者のフォローもしてくれます。ある日のお迎え時、言うことを聞かない息子への私の対応にストレスが表れてしまっていたのでしょうか。
「お話ききますよ」と声をかけ、じっくり時間を割いてくれました。初めての子育てに右往左往している母にとって、何十人もの子供たちを見てきた先生のアドバイスはとても頼りになります

看護師が常駐しているので、転んですりむいただけでもプロの手当てが受けられます。風邪がはやるこの時期、お昼寝後は毎日プロの健康チェックを受けています
気になる症状があると、お迎え時に看護師から直接フィードバックを受けられます。

生活の基礎的な部分をプロに任せることで、母である私が行うよりよっぽど品質の高い日常生活を送れています。
そのお陰で私は、母でなければ出来ない、愛情をたっぷり注ぐ作業に精神的にも物理的にも集中しやすい環境を手に入れられました
仕事から帰ったあと、長くはない時間ですが沢山おしゃべりをして、お風呂で遊んで、寝る前に絵本を読んで、抱きしめながら眠る。将来どんな子に成長するのだろう、とゆっくり想像するのもとても楽しい時間です
子育ての大変な部分はプロの手を借り、子育ての喜びの部分はしっかり堪能し、「いいとこどり」生活だなぁと思うのです

経理業務を担っている皆様。大事な会社の、大事な決算情報作成業務。他人に託すのは抵抗があるかもしれません。
複雑で膨大なエクセル作業をこなせるのは自分だけ、との自負をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、決算数値や開示情報の作成作業はプロにまかせ、愛する会社の現状分析や将来の成長に思いを馳せることに注力できる、「いいとこどり」を検討してみてはいかがでしょうか。
フィエルテでは連結決算のプロがお待ちしております。

ページの先頭へ